欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS チャーリーとチョコレート工場

<<   作成日時 : 2005/09/13 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
ココアさんがすきです。でもチョコさんはも〜っとすきです!」と、31アイスクリームに行っても、チョコ系のフレーバーをダブルで注文しちゃったり、ハウステンボスのチョコレートの滝をこそっとなめようとする位無類のチョコレート好きなINDYですが、そんな私が気になった映画がこの「チャーリーとチョコレート工場」

最近観に行った映画で予告編をやっていてなんか面白そうだったし、吹替版もやるので、昨日紹介した「タッチ」と一緒に観ようと前売りを買って、日曜にマイ映画館に行くことに。

事前にスケジュールを調べるとチャーリー吹替の初回が1000〜1205でタッチが1245〜1455なんで、これなら間に昼食べれば丁度いいな!と0940位に行ったら、なんかチケット売り場がモノスゴイ並んでる!愛知万博のトヨタグループ館並!(ちょっとJARO

出川風にヤヴァイよ、上映開始までに買えるかな、なんて待っててふと売り場のおねいさんの後ろのモニター見たら、チャーリー吹替1000のところに「×」が!なんと朝一の回がもう満席(*_*)。「星屑ロンリネス」メインで観に来た私にとっては、ついでに観るか位の感覚だったのに、まさに想定の範囲外。そんなに世間で話題になってた?なんでこんなに人気?ひょっとしてみんな私よりチョコ好きなの?と疑問符だらけでした。並んでる客層を見ると日曜のせいか家族連れが多い。それで吹替版が人気なのかな。まあ、そう考えてても入れる訳でもないので、予定を変更して、1020〜1230の「タッチ」を先に観る事に。チャーリー吹替の2回目は1220開始で重なるので、3回目1440の予約を取る。その時に、この前観た「サマータイムマシンブルース」舞台挨拶が17日にあると知り、面白かったし舞台挨拶なんて滅多に観られないからなと、その場で買おうかなと思いましたが、料金が千円に割引になるクーラーリモコンを持ってきてなかったので(まあ、フツー普段から持ち歩いてる人はいないわな)、時間もあるので一回取りに戻る(メンドイな、っていうかケチだな、私も(^_^;))。

「タッチ」を観終わって家に戻ってお昼を食べ、「タッチ♪タッチ♪そこにタッチ♪」なんて歌いながら余裕かましてまた行ったら、午前中以上に並んでるし(*_*)。席は取ってるけど舞台挨拶購入の為に並ぶ。おかげで本編開始ギリギリになったけど、なんとか買って、シアターに着いたらこの回も満員!ひょっとしてもの凄かったあの「NANA」より人気なのか?この作品。

話としては、街の中心にある巨大なチョコレート工場。誰も人が出入りしてるのを見た事がないのに大人気の「ウォンカチョコレート」が毎日世界中に出荷されてる謎の工場。近くに住む貧しい家の少年チャーリーは一度中を見たいと思っていた。そんな中、経営者ウィリー・ウォンカ氏が突然5人の子供とその保護者1名を工場見学に招待すると発表。その対象者は「ウォンカチョコレート」にゴールデンチケットが入ってた人だけ。世界中でゴールデンチケット争奪戦が始まり、年に一度しかチョコを買って貰えないチャーリーもその1枚に望みを託し・・・、というような感じ。

感想としては、まず、なんか変わった映画だなと。こんな映画を観たのは初めてのような気がする。映画になる位だから、工場の中も当然、普通の工場見学で見られるようなものではなく、凄い事になってる。なんか映画を観たと言うよりは、テーマパークに遊びに行ったような不思議な感覚。映画の流れとしては5人が決まるまでの前半と、実際の工場見学の後半に分けられる感じなんですが、前半は非常に面白い。後半は工場の中とか話の展開にビックリさせられるって感じかな。私は前半の方が好きだな〜。後半も悪くはないんだけど、ちょっと眠くなるところもあった。昼食べたせいかな。すこしダレた様な気もする。主演の少年チャーリー(フレディ・ハリモア)とウォンカ氏(ジョニー・デップ)はこの映画に出てましたね。

まあ、全体的には面白かったし、この不思議な世界を是非見て貰いたいというのもあるのでオススメします。家族連れで行って家族全員が楽しめる、いい映画だと思いますよ。東宝系シネコンの一部(六本木と高槻)ではなんと、館内にチョコレートの香りを漂わせるそうです!凄いな。どんな感じなんだろう。しかし、映画館て映画グッズをよく売ってるけど、「ウォンカチョコレート」が無かったな〜。作ればいいのに。絶対売れると思う。私も食べたくなったもん(^_^)。

連続企画・本日の万博紹介 昨日はゴンドラの駅を紹介したので、今日は「リニモ」の駅を紹介。「藤が丘駅」「万博会場駅」
万博関係、他にもおすすめスポットの方にいろいろ載せてますので、興味のある方は御覧下さ〜い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「チャーリーとチョコレート工場」
原作:ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/01/09 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにもTBありがとうございます。
「東宝系シネコンの一部(六本木と高槻)ではなんと、館内にチョコレートの香りを漂わせる」とありますが、すごいですね。
でもチョコレートの魅力は、やっぱり映画の通り、夢見させることにあるんだと思います。
Rintaro
2005/12/16 22:23
こちらこそありがとうございます。結局匂い付きは観に行かなかったな〜。どんな感じなんだろう。面白い、不思議な映画でしたね。
INDY500
2005/12/16 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャーリーとチョコレート工場 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる