欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS 男たちの大和/YAMATO

<<   作成日時 : 2005/12/18 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

画像「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画この映画をベタ褒めしちゃってるINDYならば、当然初日の初回に観に行くだろうって思ってました?いや、そんな事気にしてないしとかそう言う意見は馬耳東風でいくとして、ああ、もちろん行ったとも!例の如くマイ映画館に車横づけですよ。

実はこの映画の前にもう一本観ちゃってて、この映画朝の9時台開始なのに既に2本目(^_^;)。普通はだいたい観た順番にここに書くのですが、どうしてもこっちを先に書きたい!

この映画、そんなには話題になってないような気もしますが、広島・尾道に6億円掛けて戦艦大和の艦首から艦橋まで190メートルの実物大!のセットを制作したりと、かなり大作な雰囲気。今年は上記の2作もそうですが、大作の日本映画が多いな〜。いい事だ。今年、この映画をやるのは、大和が沈んでから丁度60年だからだそうです。

一本目の映画を観る前に、この映画の席も確保しておいたのですが、時間が近づいたので入ってみると、なんか様子が変。間違って「SAYURI」のやってるところに入ってしまった(*_*)。イキナリ本編っぽいのが流れてておかしいな〜と思ったんだよな。気を取り直して、隣の大和の所に入ってみたらビックリ!朝一の回とは思えない位人が入ってる!前以外は全部埋まってる!しかも、男率99.125パーセント!女の人を探すのに苦労する位。一人位いたかな。更にしかも年齢層が異様に高い!杖ついたおじいちゃんとかいるし〜。あ、そうか、お年寄りは朝が早いもんな。選挙の日に自分が早起きしたな〜と思っても、もう投票済ましてちゃったりするような人々ですから、9時台なんて遅い位か。

話としては平成17年4月6日、一人の女性が鹿児島、枕崎の漁港を訪れ、翌日7日に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出して欲しいとお願いする。皆が危険だからとか断る中、彼女がが内田2層兵曹の娘と知った老漁師は、その場所へ船を出す事にする。その場所は、戦艦大和が沈んだ場所であり、7日は丁度それから60年目であった。15時間の長い船旅中、老漁師の心の中には60年前の光景が切々と蘇ってくる・・・、という感じ。

感想としては、素晴らしすぎる!実際の戦艦大和に関しては、そんなに詳しい訳ではなく、なんか沖縄に向かう途中に沈んだ、という位の知識しかないのですが、この映画で、どうしてそのようになったのか、そして大和の乗組員の思い、というのを知る事が出来たのはとても良かったと思う。こんな事があったのか・・・、と。何よりも実際の大和の上で撮ったんじゃないかと思える位、セットは素晴らしかったし、戦闘の場面、は過去の実際の映像も織り交ぜてあり、すさまじい。そして3333人も乗っている戦艦大和。それぞれに人間ドラマが当然ある。それぞれの家族、恋人、子供・・・。涙が溢れて止まらなかった。こんなに泣いたのはいくら泣き虫INDYでも久しぶりだった。私の映画気に入った度レベルの最高が「パンフレットを買う」なんですが、今回は観終わって、迷わずすぐに買ってしまった。エンディングの「CLOSE YOUR EYES」が頭から離れない。

この映画、日本人なら老若男女問わず絶対に観るべきだ!そして感じて欲しい!この時代に生きた人々の思いを!それくらい素晴らしい映画です。お正月に普段余り映画を観ないおじいちゃん、おばあちゃんを誘って観に行くのもいいかもしれませんね。

追伸:今年観た映画で第2位です!

連続企画・本日の万博紹介 今日は長久手会場から「ボスニア・ヘルツェゴビナ」
万博関係、他にもおすすめスポットフォトギャラリーに載せてますので、興味のある方は御覧下さ〜い。
夜の連続BLOG小説
「日本最高峰なのにいまいちマイナーだね!フォーミュラ・ニッポン第8戦もてぎ その2」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『男たちの大和』 を鑑賞しました!
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) さっそくみてきましたよ〜♪ 109シネマズHAT神戸 シアター6 にて 15:30の回 ...続きを見る
みはいる・BのB
2005/12/20 23:04
『男たちの大和 YAMATO』18日に観ました
『男たちの大和 YAMATO』 公式HPはこちら ...続きを見る
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2005/12/23 12:58
胸を打つ「男たちの大和/YAMATO」
 戦争映画は好きではない。血なまぐさいのもダメだし、戦艦や武器へのマニアックな視点も大嫌い。だから「男たちの大和/YAMATO」は観るのに、軽いためらいがあった。世評が高いこと、それだけを頼りに観た。結果は、先入観をまったく裏切るものだった。戦闘シーンは戦... ...続きを見る
万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
2005/12/31 08:20
「男たちの大和」昭和は終わらない
「男たちの大和」★★★☆ 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演 佐藤純彌監督、2005年日本 ...続きを見る
soramove
2006/01/05 18:49
映画「男たちの大和 YAMATO」
尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/01/09 21:10
重厚、武骨な作品 「男たちの大和 YAMATO」
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ...続きを見る
わたしの見た(モノ)
2006/01/09 22:01
アロンソとYAMATOとバースディー
7時前に起床し背中の消毒でに出掛け売店で少年ジャンプを購入し に帰宅しパソコンで2ブログのコメント&TB返しなどをしたりしながら の今季2戦目マレーシアGP決勝の結果などを本館ブログに更新し ビデオした男たちの大和/YAMATOを見て午前中は過ごしていたね ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2007/04/09 22:39
もう会えない君を、守る。「男たちの大和/YAMATO」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2011/08/15 01:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
男たちの大和/YAMATO 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる