欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ぎつねヘレン

<<   作成日時 : 2006/02/21 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像15日の試写会でこれを観た訳なんですが、翌日16日もまた試写会。なんでいっつも連チャンするかな〜。しかも、この16日は岐阜に行く深夜バスに乗る日。あ〜、デジャヴだよ〜。旅行の前の日って事ではこれもそうだった。まあ、15日の映画の直後では深夜バスでうなされただろうから、順番的には良かったか(^_^;)。

今回観たのは「子ぎつねヘレン」。パンフレットを見ると、かわいげな子ぎつねが一匹。パッと見、「子猫物語」の様な印象(観てないけど)。そして名前がヘレン。ヘレンと言えば、あのヘレン・ケラーを思い出す方も多いと思いますが、パンフレットをちょこっと見ると「目と耳が不自由なキタキツネを育てる話」とある。やはりそれでヘレンか。こうなんというか、いかにも感動、号泣しそうな感じですね。

試写会場に行ってみると、普段よりお子様が多い。親子連れで来ている人が多いみたい。確かに親子向けそうな映画だもんな〜。最近の動物映画と言えばこれかな?まあ、あれは動物使いの話って感じもするけど面白かったですね。

話としては、北海道のとある町。東京から引っ越してきた少年は道端にたたずむ一匹の子ぎつねを見つける。どうしていいか分からなかった為、とりあえず交番に届けると警官が「あ、あそこでなんとかして貰おう!」と言って行った先は、ある獣医のところだった。ふとあるとき、獣医は子ぎつねが目と耳が不自由な事に気づき・・・、という感じ。

感想としては、う〜ん、なんだ、眠くなったぞ(^_^;)。しかし隣の女の人はハンカチで目頭を押さえている。試写会場は拍手もちらほらと出たりもしてる。ヤバイ、この映画で感動号泣できない私は少年のようなピュアな心を失ってしまった?この事実に号泣か?(; ;)「18年生きてきて、一番のカンドーですっ!(カマっぽく)」なんておすぎ風な事も書けなくなってしまったか、私は。なんて事だ。まあ、結構ギャグっぽいシーンがあって、そこら辺は面白かったし、好きなんですが、なんか話の盛り上がりに欠けるというか・・・。いい話だとは思うんですが。そういえば、ヘレン役の子ぎつねは、実際は目も耳も不自由ではないと思うんですが、よくああいう映像が撮れたな〜、と感心しました。まさかCGじゃないだろうし。そういえば前観た映画「ZOO」に出ていた小林涼子さんが獣医の娘役として出てましたが、あのキャラは面白かった。ZOOはあんまり動物関係無いけど(^_^;)。

この映画、3月18日(土)から公開です。まあ、親子や家族で観に行ったりするのにはいいんじゃないでしょうか。カワイイ子ぎつねを見るだけでも癒されるでしょうし。私みたいな汚れたオトナじゃなければ多分感動するし(@_@)。

夜の連続BLOG小説 
「パンフレット貰っても結局見ないでしょ?第39回東京モーターショー2005 その39」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「子ぎつねヘレン」見てきました
 ちょっと最近暖かい涙を流してないなぁ〜。そう思って、今回は子ぎつねヘレンを見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/03/26 03:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子ぎつねヘレン 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる