欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌われ松子の一生

<<   作成日時 : 2006/05/26 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

画像「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし!

その終身名誉映画を撮った、終身名誉監督の作品が、この「嫌われ松子の一生」。最初この作品は、映画館のチラシで知ったんですが、紹介文などを読むと、なんか不幸だった女の人の話という事で、面白いのか?とちょっと懐疑的だったんですが、そこで同時に見たのが「下妻物語」の文字。下妻物語の監督の最新作と書いてある。あれだけの映画を撮った人の次の作品という事で、今度はどんな風に作るのだろう、そしてあのレベルの面白さなのか?とちょっと気になってたので、公開されたらとりあえず観てみようと思ってました。

そしたら、試写会が当たっちゃったので、昨日、ホーム映画館に観てきました。

話としては、東京で一人暮らしをしている男の元に、久々に父親が訪ねてきた。遺骨を持って。父の話では、父の妹・川尻松子(男の叔母)が殺害されたと。仕事があり帰らなきゃいけない父の代わりに、男は松子が住んでいたアパートを片づける為に訪れる。そこで今まで知らなかった叔母の生涯を知る事になるのだが・・・、という感じ。

感想としては、なんかモヤモヤする。まあ、私としては下妻的な面白さを期待して観に行ったし、そういう風に作ってくるだろうとは思っていた。まあ、確かにちょこちょこ挟まれるユーモアは予想通り面白かった。それにより、かなり悲惨な人生を歩んでいる女の話なのに、それ程悲惨さを感じないようになっている。監督の狙いとしては、悲しい映画を悲しくしない様に作ったのでしょう。しかし、かなり話は悲惨。故に笑っていいんだか悲しんだ方がいいのか自分の中で迷う。そしてすっきりしない。たぶん他の監督がこの作品を撮ったら笑える所などひとかけらも無くなるんじゃないかな〜。で、そういう映画を観たい人はいないんじゃないだろうか。つまり、この原作は映画化するべきものではなかったのではないか、と思う。いやまあ、涙涙の悲しい物語として作れば映画化してもいいのかもしれない。客もそういう感じで観に行くから。何で監督はこの作品を選んだんだろうね〜。

という訳で、27日から公開ですが、オススメかと言われると、ビミョーだ。観た人はやっぱりモヤモヤすると思うんだよね〜。しかし面白い場面も結構あるから観てもらいたいという気持ちもあるし。まあ、観に行く方は、下妻は切り離して観に行った方がいいかもしれない。

夜の連続BLOG小説 今回は、今年のベガルタ仙台は、なかなか負けない良いチームになってますが、そういうチームになるには犠牲が必要だったのか。私が去年の最終戦観に九州に行った際のドキュメントを観光も含めてお送りしましょう。
「最終戦INDYが見たものは・・・。サッカー観戦九州・山口旅行 その13」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「嫌われ松子の一生」
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説&quot;嫌われ松子の一生&quot;の映画化。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/05/28 17:38
『嫌われ松子の一生』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2006/05/29 00:48
映画:嫌われ松子の一生 試写会
嫌われ松子の一生@TFMホール ...続きを見る
駒吉の日記
2006/05/29 14:52
映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 ...続きを見る
Cold in Summer
2006/05/29 15:00
「嫌われ松子の一生」
「嫌われ松子の一生」 「下妻物語」は、 嶽本野ばらの小説の面白さと、中島哲也監督の映像センスの相乗効果で、 最近ではもっとも好きな作品である。 中島監督の最新作ということで、当然のことながら期待して、 公開初日に劇場に足を運んだが、 「下妻」に比べると満足度は ...続きを見る
わたしの見た(モノ)
2006/05/29 20:40
???????????????????????8??
&&&&&&&&d&&&8&&&&?&&&&??&ν&-&&?&&?&&& ...続きを見る
??????Υ??????
2006/05/29 22:38
【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)
『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/05/31 22:41
嫌われ松子の一生見てきました。
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/06/17 13:44
嫌われ松子の一生/山田宗樹
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 ...続きを見る
文学な?ブログ
2006/06/18 23:00
嫌われ松子の一生 06年134本目
嫌われ松子の一生 中谷美紀&nbsp;≒ 濱田マリ&nbsp;≒ 柴咲コウ&nbsp;≒ あたし&nbsp;> 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの?? ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/07/07 12:54
嫌われ松子の一生
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ...続きを見る
とんとん亭
2006/07/30 11:15
嫌われ松子の一生
昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の.... ...続きを見る
スーパーヅカン
2006/10/19 23:45
嫌われ松子の一生(11月17日DVD発売)
2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ ...続きを見る
オレメデア
2006/11/15 11:25
嫌われ松子の一生
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/01/07 21:44
嫌われ松子の一生
MEMORIES OF MATSUKO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2007/02/01 01:17
「嫌われ松子の一生」レビュー
中谷美紀さん、日本アカデミー賞主演女優賞 受賞おめでとう御座います。 それでという訳ではないんですが  「嫌われ松子の一生」 を見ました。 ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2007/02/20 00:58
鎮静剤
『嫌われ松子の一生』を観た。 『下妻物語』中島哲也監督。 街中のゴミ屋敷に、思いを馳せる。 &nbsp; いろいろあったが、中谷美紀しか考えられない演技。 個人的には、ニコール・キッドマンでリメイクが観たい。 監督は『ドッグヴィル』ラース・フォン・トリアーで... ...続きを見る
ふかや・インディーズ・フィルム・フェステ...
2007/03/08 11:39
『嫌われ松子の一生』
『嫌われ松子の一生』 ...続きを見る
chaos(カオス)
2007/05/14 01:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
嫌われ松子の一生 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる