欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS UDONのUDON

<<   作成日時 : 2006/08/16 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像最近、に限らず映画はよく観ますけど、予告編を観ていて気になってる映画が「UDON」。8月26日から公開なんですが、四国人は三食これしか食べない事で有名な(JARO)、讃岐うどんをテーマにした映画です。

「交渉人 真下正義」で主演したユースケ・サンタマリアが主演で、予告編もコメディタッチで面白そうな感じだったんで、密かに(別に隠す必要はないけど)この夏一番期待してる映画です。まあ、観たい1番の理由は、大好きな小西真奈美が出てるからなんですけどね(^_^;)。

そんなある日、森の中ではなく、コンビニに行ってみたら、写真のようなカップ麺を発見!見たら「讃岐風うどん」と書いてある。更に「映画UDONから生まれたカップうどん!」の文字も。おお!何これ〜!とビックリしたんですが、デザインが赤いきつねにソックリなんですけど(^_^;)。まあ、同じマルちゃんのカップ麺なんでパクリではないんですが、「フタのデザイン変えただけじゃないの?」という懐疑的な気持ちでしたが、こういうのを見つけたら買わずにはいられないので、無意識のうちに当然レジへ。

さて、本当に映画UDONから生まれたカップうどんなのか、赤いきつねとは違うのか、食べてみる事に。開けてみると、おあげが乗っている。うん、ここまでは同じだな。そしてお湯を注いで5分待つ。うん、これも同じだな。と赤いきつね疑惑をどんどん膨らませながら素直に5分待つ。4分59秒で開けては負けである。

で、5分経ったので開けてみた。湯気と共にいよいよUDONの全貌が明らかになる。続きは映画館で!と、ここで引っ張ってもしょうがないので(^_^;)、食べてみる。ズルズル〜。お!これは普通の赤いきつねより麺が太い!これ位は海原雄山でないワタクシでも分かりますよ!味的には、よく赤いきつねは東西で味が違う、なんて言いますが、これは讃岐うどん風なんで西側仕様なんでしょうが、そこまでの違いは分からなかったな〜。そこら辺はやはり富井副部長に任せないと。

味的には違いがよく分からなかったんで、「赤いきつねの麺太バージョン」ってところでしょうか。私はどん兵衛派だから絶対に食べぬ!という方以外で気になる方は食べてみては。

夜の連続BLOG小説 シーズンももう後半戦ですが、やっと今年の試合の模様を載せられます。仙台スタジアムユアテックスタジアム仙台に変わって初観戦した愛媛戦の模様を。「はじめてのゆあてっくすたじあむせんだい その3」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UDONのUDON 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる