欧風

アクセスカウンタ

zoom RSS 守護神

<<   作成日時 : 2007/02/16 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

画像さて、雪まつりを見に行った10〜12の3連休、初日の夜にJRタワー札幌シネマフロンティアで、「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」を観たと書きました。

そして2日目11日は雪まつりも一通り見たので、ここに書いたように旭川に行って「ペンギンか〜わ〜い〜い〜♪」とかハシャいでた訳ですけれども、宿が札幌なんで、夕方位で旭川を後にして、再び札幌に戻る事に。

まあ、また時間が余ったら映画でも観ようと思っていたんですが、帰りのバスの車窓からUNITED CINEMASというネオンが見えた。おお、シネコンじゃん、と思って、降りて歩いていき、そちらで映画を観る事に。映画館はユナイテッド・シネマ札幌というところでした〜。

今回観たのは「守護神」

てっきり川口能活の波瀾万丈の人生を描いた作品かと思ってたら、違ってましたが(^_^;)、アメリカ沿岸警備隊の話で、最初知ったときは「海猿」をハリウッドでリメイクでもしたのかな?と思ったんですが、別にそうではなく、たまたま偶然らしい。

話としては、これまで200人以上の遭難者の命を救ってきた伝説のレスキュー・スイマー。いつものように仕事をこなしていたが、ある日、救難現場で事故が起き、ショックを受ける。そして上司からレスキュー・スイマーを養成するA級学校の教官をやるように命ぜられるが・・・という感じ。

感想としては、良かったと思います。ただ、どうしても「海猿」を思い出しちゃいますけどね〜。「仙崎〜〜〜!!!」とか言いたくなります(^_^;)。なんか話は「LIMIT OF LOVE 海猿」も合わせたような感じでしたが、こういうのを描こうと思うと同じ様な感じになっちゃうんでしょうね〜、どうしても。しかし別に悪くない。まず、アメリカでは沿岸警備隊は軍隊なんですね〜。それがビックリしました。アメリカでもあまり存在は知られてないらしく、ちょっと前のカトリーナ台風で知られるようになったらしいですが。

日本の海上保安庁も含めて、こういう大変な仕事をされてる方々にはほんと頭が下がります。あ、そうそう、この映画館のスクリーン、たぶん一番広いところだったと思うんですが、メチャメチャばかでかくてビックリしました(通常の3倍くらい。いや、シャアとかではなく(^_^;))。こんなスクリーンで毎回映画観たいな。おかげで海でのシーンとかものすごい大迫力!

男達の熱きドラマ、こういうの私大好きなんですが、いい映画だと思うし、観るなら映画館で観た方が絶対にいいでしょう。皆さんも是非観に行って下さいな。オススメ!

夜の連続BLOG小説 「ねぶた祭」の模様を。「青森ねぶた祭 その4」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バス事故の運転手
バス事故の運転手 ...続きを見る
学習塾に行こう
2007/02/19 15:39
守護神(アメリカ)
「海猿」をハリウッドがリメイク! というフレーズはお見かけしないのですが…。 似てそうだなぁ。な「守護神」を観てきました!!! ( → 公式HP  ) ...続きを見る
映画でココロの筋トレ
2007/02/20 15:58
「守護神」海で見守ってくれる存在があれば怖くない
「守護神」★★★☆ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー主演 アンドリュー・デイヴィス 監督、2006年アメリカ ...続きを見る
soramove
2007/02/24 22:55
LIMIT OF LOVE 海猿
現代版 タイタニック。 ...続きを見る
映画や本を淡々と語る
2007/03/08 21:41
映画DVD「守護神」
2006年アメリカ 普通におもしろいと思います。 ケビンコスナー、久しぶりって感じがします。 海猿とトップガンが合わさったような感じです。 ...続きを見る
映画DVDがそこにある。
2007/09/07 18:24
『守護神』を観たぞ〜!
『守護神』を観ました死と隣り合わせの危険な任務に当たるアメリカ沿岸警備隊を舞台に、伝説のレスキュー・スイマーと彼に憧れる訓練生との葛藤と絆を描く感動アクションです>>『守護神』関連原題: THEGUARDIANジャンル: アクション/アドベンチャー/ドラマ上映時間... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/07/26 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
守護神 欧風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる